Home > 今日の福音

今日の福音 - 稲川神父の説教メモ -

年間第32主日  ルカ20:27~38  2019年11月10日

 イエス様と弟子たちはエルサレムに到着しました。そこにはファリサイ人、律法学者、サドカイ派の人々、長老や祭司長というイエス様を受け入れようとはしない人々が、なんとかイエス様を罠に落とし入れようと待ち構えています。

 今日の福音では、復活を認めようとしないサドカイ派の人々が論争をしかけてきます。サドカイ派の人々は、今生きている有り様に生きかえるような肉体のよみがえりを「復活」と考えていたので、レヴィラート婚と呼ばれる当時の習慣(子孫を残すために兄弟が同じ女性と結婚すること)を持ち出して、「復活」の時にナンセンスなことになるではないか、とイエス様を貶めようとしているのです。イエス様のこたえは明快です。復活とは肉体が今あるままによみがえるというような幼稚なことではないのです。イエス様の言われる「復活」とは、人の子らである私たちが、イエス様が神の子であるように「神の子ら」となることに招かれていることを意味しているのです。だから、永遠の生命と言われ、天の栄光の姿、永遠の宴、と表現されているのです。
 しかも大切なことは、私たちが今の世に生きている中に「復活」=イエス様と同じ意味での「神の子」となることが始まっているということです。死んでからではなく、毎日の生活の中に、古い自分に死んで、神の子イエスの姿に生まれ変るという道があるのです。だから、イエス様は「わたしに従いたいと思うなら、日々、自分の十字架を負ってわたしの後に従いなさい」と言われるのです。「この人たちは、もはや死ぬことがない。天使に等しい者であり、復活にあずかる者として、神の子だからである」というイエス様のことばはこのようなことを明快に言い表しているのです。復活は私たちの信仰の中心的なメッセージです。「復活」とは何か? よみがえり、永遠の生命というような表現は、霊魂不滅の意味で「復活」を部分的にとらえる感じです。イエス様ご自身が言っておられることが一番分かり易いのではないでしょうか?

 私たちがすでに神の子であるしるしがあります。それは、私たち一人ひとりがイエス様のよいところを「一つ」は戴いていることなのです。私たちが他の人と出会う時、「この人の良いところ」を探すことがその人を愛するきっかけとなると思います。

【祈り・わかちあいのヒント】
*イエス様の言われる「復活」は「よみがえり」とはどう違うのでしょうか?
*私たちはすでに「神の子」として歩み出していますが、まだ完全な「神の子」ではありません。キリストの十字架という道はそのための道では?

年間第31主日  ルカ19:1~10  2019年11月3日

 今年の典礼暦も終わりに近づいて来ました。イエス様と弟子たちの旅もいよいよ、エルサレムに向かう直線コースに入ってきました。今日の物語の舞台はエリコという町です。死海のほとりにあり、ヨルダン川に沿って旅して来た人々がエリコを通り、そこから直角に方向を変えてエルサレムに向かうのです。

 つまり、エリコという町は交差点のような場所であり、エリコでイエス様に出会ったザアカイは人生の方向も変わったのです。ザアカイはイエス様という信号を見て、この方だ! と悟ったことにより、明らかに新しい歩みを始めるのです。ザアカイは何故、イエス様を見てみたかったのでしょうか? エリコという町はユダヤ地方とガリラヤ地方を行き来する人々が大勢、通過する場所です。ガリラヤ一帯で活動していたイエス様のうわさがエリコにも伝わっていたのでしょう。 「その方は、不思議なことに、罪人でも遊女でも徴税人でも区別なく迎え入れている。その弟子の一人には徴税人の仕事をしていた人もいる」など、ザアカイにとっては心が動くようなことがいろいろと耳に入ってきます。

 そのイエス様がエリコを通られると聞いて、一目、どのようなお方であろうか、見てみたいという気持ちが高まり、人々のところに行くのですが、人垣で見えません。ザアカイは背が低かったのです。そこで、いちじく桑の木に登りました。もし、ザアカイが人々から尊敬されているような人でしたら、そこにいた人々もザアカイに場所を譲ったことでしょう。しかし、「こんな奴がイエス様を見たいなどおこがましい」という人々の軽蔑が彼を拒否していたのでしょう。だから切羽詰まった彼は、笑われることも覚悟で手近な木に登ったのです。いちじく桑の木は、幹の低いところから枝を伸ばしていますから、はしごのように登りやすかったのかもしれません。木に登ったザアカイを人々があざけっていたのでしょう。「見ろよ、あのちび助のザアカイの奴はいい大人のくせにあんなところにいる」。イエス様は「ザアカイ」と名前を呼んでいます。それは周囲の人々のあざけりの声がイエス様の耳に届いたからではないでしょうか?

 ラビがその町に来た時、ラビを家に泊めるのは、その町の有力者、評判の良い人のすることでした。ザアカイは驚き、喜び、イエス様を迎え入れたことでしょう。さらにイエスさまに言われたからではなく、ザアカイ自身から、イエス様に「財産の半分を貧しい人に施すこと、損害を与えていたならば、4倍にして返すこと」を申し出ています。ザアカイはイエス様が自分を受け入れてくれたように、今度は人々を受け入れますと宣言しているのです。

【祈り・わかちあいのヒント】
*あなたは誰かのためにいちじく桑の木になっていますか?

年間第30主日  ルカ18:9~14  2019年10月27日

 今週もルカ18章に記されている祈りに関するたとえ話で、その2つ目のものです。真の祈りとはどのようなものか、祈りがへりくだる心で神のあわれみに生かされているものでなければならないということが、このたとえ話を通して示されています。二人の祈りはあらゆる点で対照的です。ファリサイ人にとって神殿に来ることは誇りであり、歓びです。彼は立ち上がって祈ります。彼の祈りは一見すると感謝のように見えますが、彼が感謝の理由として述べていることは「神様がしてくださったこと」ではなく「自分が行ったこと」です。彼の祈りのことばには「私が」「私が」と自分しかありません。さらに決定的なのは兄弟(他者ではあっても決して他人ではない人間)に対するいたわりや思いやりがありません。律法社会の落伍者、弱い立場にある人々の生活、生きることの難しさ、傷ついた心に対する感受性が欠けています。彼は自分自身もそのような弱さを持っていること、罪の現実に自分も取り巻かれ、おびやかされていることを忘れてしまっています。

 イエス様は祈りの3つの条件(マタイ6:5~15)の中に、兄弟に対する愛と赦しを要求しています。祈る時、兄弟に対する愛が欠けていれば、神様からも退けられてしまうのです。弱さの中にいる他の人々をあざけることなく、その人々の苦しさ、悲しさを自分の身に負うことこそ、神様の求めるものなのです。

 もう一人の人、徴税人の祈りは何故、聞き入れられたのでしょうか? 徴税人の祈りは「神よ、罪人である私をあわれんで下さい」というただ一言でした。彼はファリサイ人のように自分を誇るものを何一つ持たず、堂々と前に進み出ることも、まっすぐに天を見つめることも出来なかったのです。彼に出来ることは、自分の罪についてあれこれと弁解することではなく、みじめな自分、言い訳できないほど汚れている自分の姿を神様の前に投げ出すことだけでした。この罪に汚れ、不安、苦しみ、孤独にさいなまれ傷ついて、苦しんでいる自分を救えるのは、「神様、あなただけです」と彼は表明しているのです。

 この一言の祈りはイエス様の示す祈りの3つの条件(マタイ6:5~15)を満たしているのです。すなわち、彼は見せびらかすためでなく(第1の条件)、くどくどと言うことなく(第2の条件)、神への信頼にすべてを委ね(主の祈り)、兄弟に対して犯した罪に対する痛悔の心(第3の条件)を表わしています。私たちの発言、意見、考え方は、この徴税人のようにへりくだったものでしょうか? それともファリサイ人のように「私が、私が」という傾向が見られるでしょうか?

【祈り・わかちあいのヒント】
*私たちのよく祈ること、あまり祈らないことはどんなことでしょうか?

年間第29主日  ルカ18:1~8  2019年年10月20日

 ルカ18章には、祈りに関する2つのたとえ話が記されていますが、今週はその1つであるやもめと裁判官のたとえです。このたとえ話の目的があらかじめ「気を落とさずに絶えず祈らなければならないことを教えるため」と記されているのは、珍しいことです。これはルカ福音書の特徴の1つで、イエス様の教えがすべての人々に開かれていることを強調しているのに対して、マタイ福音書では、むしろたとえの真の意味は隠されており、「聞いても悟らない」かたくなな人々には「天の国の秘密を悟ることができない」ことが強調されています(マタイ13:10~17)。

 さて、たとえ話の中に登場する二人の人物は、対照的です。一人は裁判官として大きな権力を持っている人物です。しかも、「神を畏れず、人を人とも思わない」という極端なほど自己本位な性格であるとも記されています。彼は、自分のやりたいことをやり、やりたくないことはやらないという徹底的なマイペースであることが強調されています。一方、もう一人の人物はやもめという弱く何の力も持たない立場の人です。このやもめの持つ唯一の武器は「あきらめない」という熱意と態度だけなのです。
 このやもめは、自分と子供たちが生きていくために必要なものが奪われようとしているのかもしれません。「相手を裁いて、わたしを守ってください」と記されていますが、相手は不正な手段、あるいは詐欺を働いて、彼女の生活をおびやかそうとしているのでしょう。「やもめ」はイスラエルにおいては、共同体が保護する義務をもっていました。この裁判官がやもめの訴えを無視することはやがて、その村、その町のイスラエルの人々を無視することにつながるのです。「ひっきりなしにやって来て、わたしをさんざんな目に遭わすにちがいない」と彼は気がついたのです。
 その裁きの結果がどうなったかについては、このたとえ話は触れていませんが、今日の日本の社会でも裁判において長い時間がかかることが問題になっていることを考える時、人間の社会では、洋の東西、時代にかかわりなく、このようなことが面倒なことであることは間違いありません。私たちは待つことは苦手であり、反対に人を待たせることには頓着しないというところがあります。自分の痛みには敏感ですが、人に痛みを与えていることにはなかなか気がつかないということがあります。さて、このやもめのように、あきらめずに、ヤケにならずに私たちが行ない続けなければならないことは何でしょうか?

【祈り・わかちあいのヒント】
*イエス様のことばは考えさせられます。「人の子が来る時、果たして地上には信仰をみいだすだろうか?」と。

年間第28主日  ルカ17:11~19  2019年10月13日

 このエピソードもエルサレムに上る途中の出来事でした。重い皮膚病(ハンセン病)を患っていた10人の人々がイエス様に近づいてきます。しかし、遠くに立ったまま声を張り上げてあわれみを願います。この種の病気に罹った人たちは家族からも離れ、仕事も出来ず、人々から離れて生活しなければなりませんでした(レビ記13:45~47)。レビ記の13章から14章にこの病気のことについて詳細に述べられています。
 イエス様は直ちに「祭司たちのところに行き、体を見せなさい」と命じています。レビ記の14章には重い皮膚病を患った人が清めを受ける時の指示が詳しく記されています。その清めの儀式は8日間かかるものでした。彼らは祭司のところへ行く途中に清くなりました。しかし、1人を除いては、早く清めの儀式を終えて、家族のところ、自分の町に帰りたかったのでしょうか、そのまま先に行ってしまいました。その中の1人だけが、自分の身に起こったことを知り、イエス様に感謝するために戻ってきました。体をなおされたのは全員です。しかし、イエス様によって「心までがいやされた」のはこの人だけでした。その他の人は、きっと後でイエス様に感謝すれば良いと考えていたのかもしれませんが、その時イエス様に会えるとは限らないのです。思っていても行なわないことは何もしないことと同じなのです。

 信仰とは、ただ頭の中、心の中で「思い」をもっていれば良いのではなく、必ず「ことば」として語り、「行ない」として表さなければ意味がないのです。私たちは「頭や心」でキリスト者であっても、「ことば」でそれを誰かに語っているでしょうか? また、私たちの思いを「行ない」によって表しているでしょうか? 「いつか言うつもり」や「いつかするつもり」ではなく、「今、ここで、このために」(ラテン語ではHic et nunc, ad hoc)でなければ「無」に等しいのです。

 このただ1人戻ってきた人は、イスラエルの人々から見れば異教徒と交わって真の神の民とは言えないサマリア人でした。感謝は人間としての基本的な在り方です。どの時代においてもどの社会においても、感謝という基本的なことが忘れ去られていたり、軽視されたりしているならば、その人間、その社会は決してうまくいっているとは言えないと思います。私たちカトリック教会のミサは別名としてユーカリスチア、すなわち感謝の祭儀と呼ばれていることを思い起こし、神様と人々に感謝しつつ、信仰の道を歩まなければならないと思います。

【祈り・わかちあいのヒント】
*「後でやるつもりだった」という言い訳は神様には通じないようですが……