Home > 今日の福音

今日の福音 - 稲川神父の説教メモ -

キリストの聖体  ルカ9:11b~17  2019年6月23日

 聖霊降臨の主日の後に、神の救いのみわざ全体を統合するテーマとして「三位一体」「キリストの聖体」を祝う主日が続きます。今日の福音の朗読箇所は、5000人にパンを与える奇跡のエピソードですが、ルカ9章16節のイエス様のことばと行いは、新約聖書全体では10回も記述されているものです。そしてルカ福音書では特に次の点が特徴となっています。

  1.   神の国について語り、人々をいやすイエス様(11節)
     ご自分を求めるすべての人々を迎え、受け入れるイエス様の優しい愛、イエス様における神の国の現存、イエス様によるいやしを、一連のものとして考えています。すなわち、「神の国」とは「神の愛と恵みの場」であり「イエス様自身」こそ、その見える姿であり、それを「聖体」として、すなわちあらゆる時代のキリスト者へ与えようとするイエス様の姿が描かれています。あらゆる時代のキリスト者が「イエス様のことばと行い」を繰り返すとき、イエス様はその中におられるのです。イエス様とともにいる豊かさは12のかごに用意されているように、さらに多くの人々のために与えられるものなのです。
  2.   弟子たちのことば、群衆への心遣い(12節)
     「もはや日が傾きかけた」ので、弟子たちは集まった人々の食事や「宿」のことを心配してイエス様に語りかけました(ルカ24章のエマオの弟子たちに現れたイエス様を連想させることばです)。ここは人里離れたところ、イスラエルの先祖たちが歩んだ荒野の旅の間、天からのパンがイスラエルの人々の命を支えたように、イエス様はご自身を求め、信じて従ってきた人々に、天からのパン=ご自身を与えようとするのです。
  3.   イエス様のチャレンジと弟子たちのこたえ(13節)
     イエス様は弟子たちの提案に対して不思議なことを命じられます。すなわち、「あなたたちが食べるものを与えなさい」と。「5つのパンと2匹の魚しか、手元にありません」という弟子たちのこたえは正直であり、また現実的であり、人間の力ではこのチャレンジにこたえようもないことが感じられます。イエス様はただ一人でこのことを解決しようとはなさらず、弟子たちをご自分のなさろうとする救いのわざに参加させようとしているのです。弟子たちは、イエス様に命じられたように人々を50人、100人の組にしてすわらせました。イエス様が祝福して裂かれたパンを、人々一人ひとりの手に渡してゆきました。パンは力の泉(詩104:14~15)、神のことば(アモス8:11)、神の恵み全体のしるし(ルカ11:3)、イエス様ご自身(ヨハネ6:35)のシンボル。

【祈り・わかちあいのヒント】
*今、私たちの手元にある5つのパンと2匹の魚は何でしょうか?

三位一体の主日  ヨハネ16:12~16  2019年6月16日

 四旬節から復活祭、そして聖霊降臨という大きな典礼の季節を締め括るのは、今週と来週の2回の主日です。そのテーマは「三位一体」と「キリストの聖体」です。実は、この2つのテーマは救いの歴史全体をあらわすキーワードなのです。したがって、別々の主日ではなく、三位一体と聖体には深いつながりがあるのです。

 この日曜日のテーマである「三位一体」は実はミサとの関連があります。初代教会の人々は「父と子と聖霊」をすでに実感し、信仰を持っていましたが、それが理論化され、体系化されてゆくには時間がかかりました。その歴史のあいだには、キリストの神性を疑問視したり、反対にキリストの人性を疑問視したり、聖霊だけを切り離して強調する人々があらわれたりし、15世紀のフィレンツェ公会議においてようやく神学的な理論が定まりました。三位一体の主日がカトリック教会全体で祝われるようになったのは10世紀ごろからです。そして、三位一体の信仰が教会の教えの根本であることを明確にするために、ミサを「十字架のしるしと三位一体への信仰告白のことば」で始めるという習慣が、ここからスタートしたのです。私たちキリスト者にとってはごく日常的な動作ですが、キリスト者ではない人々にとっては、この動作をしているキリスト者を見る時に新鮮な驚きを感じるようです。

 さて、三位一体の神について論理的な叙述はおよそ不可能です。むしろ、三位一体の特徴を受け止めることに心を向けてみましょう。神さまの本性は「愛」なるお方ですから、三位一体を説明するには「愛」を手がかりにすることがふさわしいと思います。愛は一人では成り立ちません。また自己愛は不完全な愛ですから、愛には対象が必要です。父と呼ばれる存在と、その父の愛を完全に受け入れる子という存在の間に共有される愛こそ、聖霊と呼ばれるお方です。父と子の両者の間だけでは愛は完結しません。愛は、両者が心をあわせて共通の方向に向かう時に完全なものとなります。父と子より出でて神様の愛の対象となる存在、すなわち私たち人間に神様の愛が遣って来られるのです。それが人となった神の子、イエス様であり、イエス様と御父の持つ完全な愛の心を私たちに与えることのために、十字架という完全な従順、祈り、信仰の姿が示されるのです。そして、イエス様の後に従って十字架の道を歩ませるよう力づけ、イエス様のことを絶えず思い起こさせるのが聖霊の働きです。聖霊は私たちの中に留まり、私たちを父と子の愛の交わりの中に引き上げてゆくお方なのです。

【祈り・わかちあいのヒント】
*祈りのはじめに「父と子と聖霊のみ名によって」と十字のしるしをするのはカトリックだけで、プロテスタントでは行なっていないのは何故でしょう?

聖霊降臨の主日  ヨハネ14:15~16、23b~26  2019年6月9日

 今年もいよいよ聖霊降臨の主日を迎えます。第1朗読の使徒行録2:1~11のよく知られているペンテコステ(五旬祭)の日の出来事が朗読されています。このエピソードの下敷きには、旧約聖書創世記のバベルの塔の話があります。いろいろな国、地域から集っている人々が「誰も彼も、自分の故郷のことばが話されているのを聞いて、驚いてしまった」と。

 さて、福音朗読ではヨハネ14章が朗読されます。イエス様は「弁護者を遣わされること」を語っています。その方は私たちと一緒にいる方であり、私たちにすべてのことを教え、イエス様が語られたことをことごとく思い起こさせてくださるのです。その弁護者である聖霊を戴くための一つの条件がイエス様によって語られています。それは、「イエス様を愛し、イエス様の掟を守ること」です。聖霊はこの努力を怠らない人に来てくださるのです。すなわち、イエス様のように考え、イエス様のように行ない、イエス様のように愛そうと努力する人こそ、父なる神からもイエス様からも愛され、聖霊が宿るのです。聖霊は私たちをイエス様のことばと生き方に結びつくように励まし、導くお方なのです。

 私たち教会の別名はいろいろあります。神の民、神の畑、キリストの体、キリストの花嫁、そして「聖霊の神殿」という表現もあります。また「神の家族」という表現もあります。と同時に私たち教会は「キリストによって清められていると同時につねに清められる必要のある罪人である教会」なのです。聖堂という建物を例にして考えてみましょう。聖堂が清掃されており、きちんと管理されていれば気持ち良くそこで祈ることができるように、私たちの心の中もやはり、清められることが必要なのです。自分の思いというもので心が一杯であれば、他の人のことを考える余裕がありません。私たちの心にある不要な思い煩いを捨て去る時、そこに聖霊が入って来られるのではないでしょうか?

 聖霊を受けるために弟子たちは、まず「祈りながら、待っていました」。これは信仰者にとってとても大切な姿勢です。自分の思いや考えですぐに始めてしまったり、断定したりしてしまうのではなく、まず思いを深め、イエス様ならばどうするだろうと道を探すこと、そして始めること。今日、私たちの中に始められることから、何かを始めましょう!

【祈り・わかちあいのヒント】
*キリストの教会をどのようなことばであらわすことができますか?
*あなたはじっくり待つ、考える、そして行なうことが苦手ですか?

主の昇天  ルカ24:46~53  2019年6月2日

 復活祭から40日後、主の昇天の祝日を祝います(日本では復活節第7主日に昇天を祝います)。私たちが親しんでいる昇天のイメージは、ルカ福音書が記すように手を上げて弟子たちを祝福しながら天に昇られる姿です。今年の主の昇天においてはルカ福音書の最後の部分が朗読されます。この福音書において強調されているのは、イエスの復活と昇天の神秘が、教会の宣教活動の開始となる聖霊降臨と深いつながりがあるということに直接ふれていることです。

  1. イエスの復活と昇天が弟子たちを使徒へと変える⇒イエスの与えた使命が弟子たちを変える⇒イエスの使命を受け継ぐ弟子たちが使徒たちへと成長し、全世界へ派遣されるのです。その第一歩としてイエスは約束されたもの(聖霊)を待ちなさいと命じるのです。使徒たちの宣教の第一歩が「祈りながら聖霊を待つこと」であったことは印象的です。
  2. ルカ福音書・使徒行録において、宣教は「証し・証人となること」という表現が多用されています。証人とは自分の考え出した理論を語ることではなく、自分の体験したことを語ることです。これは今日の私たちの宣教についても大切なことです。
  3. ルカ福音書の語るイエスの昇天は、あたかもイエスがこの地上から離れ去ってゆき、もう目には見えない遠い、高い天空に行ってしまったように思えるかもしれません。しかし、「天」(ヘブライ語でハッシャマイーム)は、「高い」「遠い」という意味合いだけでなく、私たちが地上のどこにいても必ず「私たち」とともにあるものという意味合いがあることを忘れてはなりません。
  4. オリーブ山でイエスを見送った弟子たちは神殿に集まり、絶えず神を賛美していたとルカは記しています。ルカ福音書は、神殿の祭司ザカリアに天使ガブリエルが洗礼者ヨハネの誕生を告げる物語から始まり、弟子たちが神殿で神を賛美する姿で終わっているのです。
  5. 弟子たちのなすべきことは直ちに行動を開始することではなく、祈り、賛美し、そしてイエス様が送られる聖霊を待つことでした。祈りなしには宣教は不可能です。イエス様ご自身の生涯もその宣教活動においても、祈りすなわち御父との対話、交わりがあったからこそ、「私の思いのままではなく、あなたのみ旨が実現しますように」ということを行なうことが出来たのです。この姿勢は私たちの今日の教会活動についても同じことが言えるのです。

【祈り・わかちあいのヒント】
*イエス様の昇天は復活の出現があらゆる時代に続くことを暗示しているのではないでしょうか? あなたはともにおられるイエス様と話していますか?

復活節第6主日  ヨハネ14:23~29  2019年5月26日

 復活節第2主日から第6主日までの5回(C年の場合)の日曜日には、ヨハネ福音書が朗読されています。第6主日の福音朗読では、先週に引き続いてイエス様の最後の晩餐におけることばが語られます。そのテーマは「聖霊」についてであり、それは来週の昇天の祝日の準備にもなっています。そして、昇天されたイエス様は使徒たちに聖霊を送り、教会がその活動をスタートする聖霊降臨の祝日がそれに続いて祝われるのです。

 さて、イエス様は最後の晩餐で弟子たちの足を洗い、聖体を制定し、ユダやペトロの裏切りについて予告し、また新しい掟・愛の掟について語りました。今日は、それらのすべての意味を後で弟子たちに示してくださるお方「聖霊」について語られます。最後の晩餐の時、弟子たちはイエス様の語られる言葉の意味が理解できなかったことが、様々なことを通して示されています。たとえば、フィリッポは「父をお見せ下さい。そうすれば私たちは満足します」とイエス様にお願いしていますが、「フィリッポよ、こんなに長くいるのにまだわからないのか、私を見た者は父を見たのだ」とイエス様は答えています。また、トマスは「主よ、あなたがどこに行かれるのか、私たちにはわかりません。道を教えてください」と尋ねています。すると「私が道であり、真理であり、命である」と諭されます。このように弟子たちは、まもなく始まる受難・十字架の意味も本当に理解してはいなかったのです。

 それゆえ、イエス様はその出来事の意味、またご自分が教えられたことを、後で弟子たちに教えてくれる「聖霊」について語られるのです。「弁護者、すなわち父が私の名によってお遣わしになる聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、私が話したことをことごとく思い起こさせてくださる」とイエス様は語られるのです。さらに「事が起こったときに、あなたがたが信じるようにと、今、その事の起こる前に話しておく」のです。「聖霊」の大切な働きは、「イエス様のことを思い起こさせること、イエス様の教えたことをことごとく思い起こさせること」です。私たちは何かを考えたり、決めたりする時、「自分の意見や利益を基準に」して決めてしまいがちですが、そこで「イエス様ならどう考え、どう行なわれるだろう」と少しでも考える、思い起こすならば、きっと少しずつ変わってくると思います。いきなり完全にイエス様のようにではなくとも、弟子たちのように少しずつ、イエス様の方に近づいてゆけるのではないでしょうか?

【祈り・わかちあいのヒント】
*今、どのような道、どこへ向かっている道を歩んでいますか?
*あなたがしたいことは、イエス様がしたいことと同じでしょうか?